容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

川崎宿泊 ホテルの客室稼働率、GWは「自粛」からV字回復へ/横浜

  1. 2011/05/28(土) 02:29:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東日本大震災を境に急降下した横浜のホテルの客室稼働率が、ゴールデンウイーク(GW)期間中はV字回復しそうだ。山下町地区ではGW前半が満室になったホテルもあり、みなとみらい21(MM21)地区でも前半は80〜90%台で推移する見通し。各ホテルは「観光都市・横浜の復活へ向けて、反転攻勢のきっかけにしたい」と期待している。

 横浜のホテルの客室稼働率は大規模な会議や展示会の増加などに伴い、ほぼ順調に推移してきたが、東日本大震災を境に急降下。3月は、30〜40%台という過去に例のない“超低空飛行”を余儀なくされた。「地震による直接的な被害はなかったのに、過度な自粛ムードのまん延で観光客や会議・展示会などが激減したのが響いた」とMM21地区のホテル関係者。

 GW期間中の予約も出足が鈍く、昨年を大幅に下回ることが心配されていた。しかし、各ホテルがインターネットを使った販売などに力を入れた結果、「2週間ほど前から反応が出始めた」(山下町地区のホテル関係者)。このホテルではGW前半は既に満室になり、後半も70%以上は確保できる見込みだという。

 MM21地区でも昨年の実績には及ばないものの、前半は80〜90%台で推移する見通し。後半はまだ50〜70%台とばらつきがあるが、「ネットを使うお客は宿泊前日に予約する事例も珍しくないので、悲観はしていない」(ホテル関係者)とさらなる上積みを期待する。

 中でも同地区の横浜ロイヤルパークホテルは今月19日以降、割引チケット共同購入サイトに宿泊券を提供して約1万4千枚(10月18日まで有効)を売り上げ、GW後半からの“伸びしろ”を見込む。

 GW以降の稼働率維持には不安要素もあるが、山下町地区のホテル関係者は「国民の間に“節約疲れ”や“過度の自粛への疑問”も出てきた。被害を受けなかった都市の経済をさらに活性化し、被災地の復興に寄与するという大義名分が浸透すれば、観光客は増えるはず」と期待している。

鴨川宿泊

箱根宿泊

勝浦宿泊

九十九里宿泊

渋川伊香保宿泊


大田宿泊


桐生宿泊

草津宿泊


横浜宿泊



川崎宿泊





  |  ホーム  |  川崎宿泊 「おだわら食育まつり」開催へ−料理教室などで食育体験 /神奈川  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hoterukw.dtiblog.com/tb.php/1-afa260ba

DTIブログって?